スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裂き織りの帯



右側の布を織り込んだ手織りの帯です



044_convert_20120429003312.jpg
 


昔から裂き織りと云う技法がありますが

古くなってお着物や帯として使えなくなってしまった

布を5~6ミリの糸状に丁寧に切って

横糸として織り込んでいくのです



045_convert_20120429003710.jpg 細~い!!


気の遠くなるような作業ですね


下は黒字の布を織り込みました

柄が出ませんが、喪服でもこのような感じになるそうです

様々な色合い・色の組み合わせを楽しむことが出来ます



043_convert_20120429003609.jpg


 042_convert_20120429003748.jpg


大正ロマン風な銘仙です

銘仙の細い糸が毛羽のようになって味が出ています




 041_convert_20120429003831.jpg 


昔から絹はハタキの先になるまで

無駄なくたいせつに使うとは言いますが

ハタキ以上に細く裂いて 帯に再生して

またその風合いを楽しむ

究極のエコですよね
 


只今期間限定で ご注文をお受けしています

貴方の大切な思い出を 蘇させてみませんか?









スポンサーサイト
女将プロフィール

女将

Author:女将
カジュアル着物と着付け教室の銀座いち利のブログです。
名物女将の日々と綴っています。

銀座いち利のご案内
銀座いち利のホームページ

講座ブログ

LINE@
QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。